2日目:どの野菜を育てようか #foop


2日目です。種まきしたのが夜中の2時くらいだった事に後悔しています。2日目のことを書きながら、あと数時間で3日目になるというのが私の脳みそを混乱させるのです。まぁ、アプリがちゃんと日数表示してくれるからありがたいけど!

さて、昨日の次回予告で書いていた「なぜバジルを選んだか」でございます。あくまでも私個人の趣向が強いので、参考になるかは別として。

foopは管理する野菜が選べる

まず前提として、foopは育てる野菜が選べます。選んだ野菜によってどんな風にどれ位管理状況が違うのか分からないけれど(めっちゃ気になるー!)、まぁ、育てる野菜を選べるのです。

foopサイトで紹介されている野菜はこんな感じ(foopサイト「育てられる野菜」より)
育てられる野菜

どの野菜を選ぶのがいいのか

このとおり、いろいろ作れるんだけれど、水耕栽培器への向き不向きに分けるとこんな感じ。

グルーピング

分けた基準は、「一度もしくは数回で食べる野菜」「ちょこちょこと使う都度収穫するのに向いている野菜」ただそれだけ。
1つの野菜が収穫できるまでに20日ちょっと。収穫どきになったら、次の野菜も作りたくなるし、ちょこちょこ摘みながら使う野菜をずっと置いておくのはもったいないのだ。それだけで電気代というランニングコストはずっとかかっていくし。。。「また葉を付けた」「まだ食べられる」ってなると終わらせるタイミングすら無くしてしまうかも。
パセリなどは強いので、プランターでそだてても簡単だし、かなり長い間楽しめるので、そういう野菜は水耕栽培器よりも、他の育て方した方がいいなって思う。同じ水耕栽培するにしてもペットボトルとかで十分だと思う。
もちろん、こんな分け方したけれど、「これが育ったら、大葉たっぷりの餃子を作るぞ!」なぁんて感じで、一気に使うつもりだったら、安定して成長できる水耕栽培器はとってもお勧めとなりますです。

私的ランキング

この野菜が向くよと書いた野菜の中で、私的なランキング
第1位:サンチュ
水耕栽培器で作った野菜はもちろん無農薬だし、虫もほこりもつかないから洗う必要さえない。そして食べ頃の野菜は葉っぱも柔らかくめっちゃ美味しいのだ。
多分、お店に出荷するお野菜は運送などの時に傷ついて痛んだりしないように、食べ頃よりもう少し育てて出してるんじゃないかな?と勝手に思ってるんだけど、家で採れる野菜は本当においしい。そして、サンチュって買うと案外高い。そのサンチュが食べ放題状態で育つのですよ。
我が家は本当にサンチュ一択位な勢いでいつもサンチュを作っておりました。収穫する度に家で焼肉をたらふく食べるのです。ふつうの焼肉もいいけれど、サムギョプサルみたいな感じで、豚肉を焼いて、韓国味噌とニンニクと青唐辛子も用意して、この柔らかサンチュで食べると、絶対に幸せになれます!ってレベル。

第2位:ルッコラ、ベビーリーフ
私がルッコラが好きだからという単純な理由かも(笑)
ルッコラのサラダって本当に美味しい!付け合わせにも合う!これまた水耕栽培器で絶妙なタイミングで収穫できるルッコラは、柔らかくて美味しいのですよ!

第3位:バジル
今回植えているバジル。バジルは実は水耕栽培器に不向きな野菜にグルーピングしようかなって思ってた。薬味や彩として少しずつ使う。という使い方をする人には不向きだと思うけれど、結構な量を20日程度で収穫できるバジルはとても嬉しい。
イタリアンにもアジアン料理にも使えるバジルはとても重宝して嬉しいのです!

第4位:レタス各種
レタスは、水耕栽培器を初めて使う場合には一番のお勧め。わっさーってなるし、収穫してそのままを食べると感動が大きい。私も初めての時はレタスを作った。でも、まぁ1回でいいかなぁってなる。私がそこまでレタスサラダが好物では無いということもあるかもしれないし、レタスはどこでもいつでも結構安価で買えるし、「収穫まで待ち遠しいー!早く食べたい!」という気にならないのだ(笑)私のレタス料理レパートリーも少ないしな。。。
柔らかな美味しいレタスが食べたい人にはお勧めです。

そんな感じのランキングでございます。

で、結局なぜバジルなのか

水耕栽培器での栽培に向くとはしたものの、個人的第3位の野菜のバジルをなぜ選んだかということですが。。。
単純に収穫祭に向けて、自分が今食べたいから! (笑)
手作り生地のピザと、大好きなバジルと鶏肉の炒めもの。さらにまだ量があれば、白身魚のバジルソースがけなんてどうだろうか。。。結構見た目も華やかな収穫祭になるだろうなぁと思っているのです。

日誌

foopアプリバジル2日目

今日のぷーことふーこ


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です